8 2月
2015

キャッシングでお金を借り入れる時に、キャッシング審査が行なわれます。
20歳以上であり金融事故を起こした経験が無く、他社からも借りすぎていない、安定した収入がある、という一般的な人物ならばまずはキャッシング審査に落とされないのですが、キャッシング審査に落ちやすい人も存在しています。
キャッシング審査が不合格となってしまう人の特徴は、なんといってもお金を貸しても返済してくれなさそうな人、です。
具体的には、過去に金融事故を起こした経験がある、他社から沢山借りている、など。
過去に金融事故を起こしてしまうと、事故内容によっては貸付ができなくなりますし、返済を延滞した経験のある人ならば、また滞納されてしまうかもしれない、と金融機関からは敬遠されてしまいます。
他社から借りている金額が高額である人も、金融機関からするとお金に困っているから返済してくれないかもしれない、債務整理などを起こしそう、お金を貸し付けても返済は他社を優先されてしまうかもしれない、とあまり貸し付けたくない人物とされてしまいます。
申し込み時に嘘をついてしまっても、審査に通過しにくくなり、嘘が重ければ審査に通過できません。
多額を借り入れたいからといって収入を多く申告したり、有名企業に勤めているふりをしたり、といった嘘は絶対にやめましょう。
ひどいケースになると他人の名義で借り入れを申し込む、といった人もおりますが犯罪となります。
怪しい人、返答がおかしい人、と奇異を感じさせる人物も審査に通過しづらいです。
返答が曖昧であれば、嘘をついているのだとみなされてしまったり、怪しい服装やだらしのない服装で店頭に訪れれば、まともな社会生活を送っていないために収入も少ない、とされてしまいます。
姿が見えない電話でのやり取りであっても、はっきりと明確に返答をしましょう。
無職の人物や、20歳に達していない人物ですと、キャッシング審査では門前払いとなってしまうために職に就いたり、20歳になるのを待ちましょう。

コメントはまだありませんキャッシング審査

No comments


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL