20 2月
2015

飲み会や合コン、デートなど楽しい集まりの席に行くときは、出来るだけ多めにお金を持っておきたいところですが、それが月末の給料日前だと、財布の中には1万円以下しか入っていないこともあるかも知れませんね。
それでは思う存分、飲んだり食べたり出来ませんし、楽しくもないので、そんなときにはキャッシングに申し込み、財布の中身を追加するようにしましょう。
追加する金額は2、3万円程度でかまわないというときに非常に役立つのがキャッシングですが、これまでにすでにいくらかのお金を借りていて、その返済がまだ残っている方の場合は注意が必要です。
キャッシングは限度額いっぱいまでなら何度でも利用できるので、限度額を超えていなかったり、順調に返済している方なら、何も問題なく審査に合格しますが、そうでない場合は落とされる可能性があります。
飲み会などに出かける時間が迫っているのに、不合格となり、キャッシングが出来ないとわかると、結構ショックですが、審査に落ちたら別の金融機関を利用すれば良いだけなので、あまり気にしないようにしましょう。
審査の流れはバンクイック体験談などのサイトを参考にしてみてください。
たとえば銀行の審査に落ちたのであれば、次は消費者金融に申し込むようにしてください。
銀行がダメだったので、次は信用金庫に申し込もうと思う方もありますが、銀行系はどこも審査が厳しいので、銀行系ばかりを狙っていると、また不合格になる可能性があります。
しかし消費者金融を選べば、銀行系ほどには審査が厳しくないので、意外と簡単に通ることが多いのでおすすめです。
消費者金融は金利が高いので返済が長引きそうだと、敬遠している方もありますが、最近は低金利で借り入れ可能なところが増えてきたので、借りる時は出来るだけ、そんな会社を利用するようにしてください。
それに数万円程度のキャッシングなら、次の給料日に一度に返せるので、銀行系と消費者金融のどちらを利用しても、ほとんど利息に差はないはずです。
審査に合格しやすいところから借りたいときは、消費者金融に申し込むようにしたいですね。

コメントはまだありませんキャッシング審査